便秘 改善 - 便秘解消
So-net無料ブログ作成
検索選択
ガバペンチン
So-net無料ブログ作成
検索選択
So-net無料ブログ作成
検索選択
『カイテキオリゴ』


便秘 改善 [便秘 改善]

便秘の改善方法として今回はヨーグルトに注目してみました。
前回、便秘食べ物の記事で紹介したように食物繊維も含めて
いろいろな食材をバランス良く食べるのが理想と書いたかと思いますが
調理などの必要もなく、買ってきてすぐ食べられる便利な食材として
ヨーグルトはぜひオススメしたいです。

ヨーグルト (2).jpg


さて、毎日食べたいいや、食べるべきヨーグルトですが
世の中何百種類ものヨーグルトがありますが、食べる種類を決めてますか?
実はあなたのお腹(腸)に合ったヨーグルトが必ずあるはずなんです。


というのも、人間の大腸には基本的にビフィズス菌(乳酸菌の一種)が善玉菌として
働いてくれているんですが乳酸菌にもいろんな種類があります。
まさに人それぞれお腹に住んでいる乳酸菌が違うわけです。


じゃあどうやって自分に合ったヨーグルトを探せばいいのかというと、
10日から2週間毎日(朝晩2回が理想)食べ続けて体調が良くなれば
それはあなたに合っているヨーグルトでしょう。

体調とは、お通じが良くなったとか、肌荒れがなくなったとか、寝付きがよくなったとか
の症状です。


どんなに高価なヨーグルトを寝る前にお腹いっぱい食べても、朝にうんちドッサリ盛り盛り
出ちゃったわw なんてことにはなりません。


人間の身体っていうのは時間がかかるものなんです、「速攻で効果が出ました!」なんて
広告見ると、飛びつきたくなるのは分かりますが、お店や広告のカモになるのがオチなので
やめたほうがイイですよ。


話を戻しまして、自分に合ったヨーグルトが見つかったとして、じゃあどのタイミングで
どのくらい食べたらいいの?って思いますよね。


便秘改善のためにヨーグルトを食べるなら、朝食後と夕食後がいいですね。
食事が終わってすぐのタイミングです。

ちょっと横になって休んでからではダメですよ。
食べたものといっしょに胃に入れたほうが胃酸が薄まっているので、乳酸菌が
生きたまま腸に届きやすいのです。


あとヨーグルトといっしょに食べてもらいたい食材がありまして、これをいっしょに
取ることでビフィズス菌が腸の中で倍増させられる可能性が出てきます。


それは、バナナとオリゴ糖です。
オリゴのおかげダブルサポート(500g)【オリゴのおかげ】[オリゴ糖]


バナナにはオリゴ糖が豊富に含まれています。オリゴ糖はシロップとして売られています。
ボトルタイプのもので結構です。
これをヨーグルト100gに大さじ一杯分を入れて混ぜて食べます。
味は薄い甘い感じでトロッとしてます。


オリゴ糖はビフィズス菌のエサとなるものですが、胃で消化できないので
たくさん食べるとお腹を壊して下痢になるので注意してください。


胃で消化されずに腸まで達したオリゴ糖がビフィズス菌のエサになって分解されると、
乳酸などの有機酸が発生します。
すると、腸が刺激されて蠕動運動(ぜんどううんどう)が活発化になるので、
便秘が改善されやすくなります。


長くなったのでまとめますと、

・便秘の改善にはヨーグルトが有効
・自分に合ったヨーグルトを見つけることが便秘対策の最短距離
・食べるタイミングは、朝食直後と夕食直後
・1回に食べる量は50g~100gぐらい
・ヨーグルトといっしょにバナナを食べるか、オリゴ糖をかけて食べる
・2週間続ける


さあ、まずは2週間試してみましょう♪


nice!(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

  • SEOブログパーツ
seo great banner
track feed 便秘解消

Copyright (C) 2016 便秘解消 All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。